豆乳飲料

豆乳飲料とは、豆乳を飲み易くするために、砂糖、コーヒー、フルーツなどが添加された飲み物で、よくコンビニやスーパーで見かける紙パックで200ml入りの甘い飲み物が代表的です。
豆乳飲料は、麦芽コーヒー、いちご、紅茶、抹茶、バナナなど色んなフレーバーがあって、あまり豆乳を思わせない味なので飲み易いです。
以前、無調整豆乳を飲んで飲みにくいと感じて豆乳飲料を初めて飲むときとても抵抗があったのですが、豆乳飲料はとても飲み易くて驚きましたという人も多いようです。
大豆イソフラボンの摂取量の上限は、1日70mg~75mg程度なので、他の食品からも大豆を摂取していると考えると、40mg以上含まれる豆乳飲料に関しては、1日1本までが目安でしょう。
豆乳飲料は飲み易いですし、たった1本程度、飲めば健康に良い成分が摂取できるのがすごいです。