老人が睡眠時間が少ないのは本当

老人が睡眠時間が少ないというのは本当だった。医学的にも、年を取ると、あんまり脳が疲れなくなるらしくて、難しいものを読んでもそんなに疲れないのだそうだ。だから、少ない時間しか寝なくて済むのだそうだ。事実、街頭でアンケートをとったところ、ほとんどの老人がわずかな時間しか寝ないで、ものすごい早朝から起きてる様子だった。
ひどい人になると、夜中の2時に起きる、とかそういう感じだ。そういう人は、前日の夜、8時頃には眠くなって寝るそうだ。だから、その時間帯で寝ている老人では4時間寝て、12時に起きる人もいた。それはおじいさんだった。
みんなそれぞれ寝る時間が違ったけど全体としては睡眠時間は短かった。夜中の3時に寝て、すぐ5時に起きる人もいた。それは2時間しか寝ないという事だ。本当に短時間しか寝ていないんですね。若い時も寝なくてもだいじょうぶになると嬉しいんですけど。。。