先が見えないけど断捨離がんばっています

目指しているのは、「ちょっと物がなさすぎない?」っていうくらいガランとした空間。旅先のホテルや旅館の客室が落ち着くのは、やっぱり物が少ないからなんだろうと思います。
それに引きかえ、今の私の部屋ときたら。ごちゃごちゃごちゃごちゃ視界に入るものが多くて、ちっとも落ち着かない。かえって疲れるような気さえしてきます。
あるのは最低限の持ち物であとはただ空間があるだけな部屋で、アロマを焚いてゆっくりすれば精神的な疲れもだいぶ癒されるはず。そんな部屋に住みたくて、私は断捨離に取り組んでいます。
だけど、断捨離ってかなりエネルギーを要します。いるもの・いらないものを選別する作業だけで、頭も体も疲れるんです。時間的な制約もあるので、ある片付けの先生が提唱しているような、一気にお祭りのようにはできないけれど、目標に向かって地道に頑張っていきたいと思います。
続ければきっと叶うはず!